築地で蕎麦を食べながら、なんとはなしに3月10日の東京大空襲と8月15日の話が出てきた。

10万人の死者がでた大空襲と玉音放送の経験者の、具体的な声だ。

(1)東京大空襲

・東京だけではなく、関東平野が火の海かと思うほどの「火」。

・大虐殺。

(2)8月15日

玉音放送がある日の午前。東京、駒場の東大の空にはアメリカのグラマンが低空飛行をしていた。いっぱい。

駒場のプールから見ていた風景。

そのあと、ぎぶみーちょこれーとを米国兵隊に話す自分。

上野と日比谷の浮浪児。どちらも公園があったので、自然と浮浪児が集まる。

まずは、日比谷公園から排除された浮浪児。GHQのおひざ元。

親が亡くなっていれば、もしかしてそこにいた時分。

ヒトは、・・10代の風景は忘れないのだ。