本と機関誌、書店応援、調理師試験
新着情報

風の声

仕事、社会の話

風の声 28号 岡潔

「岡潔の生涯」という本を読んでいる。 犬と飛んでいる写真で有名だが、1901年生れ。最近はKADOKAWAソフィア文庫から復活本(春宵十話)がでた。 日本の誇る数学者。最近、新潮社からもこの人の本がでたが、まだ読んでいな …

風の声 第27号 昭和史

昭和史の本を読んでいる。太平洋戦争までの、昭和の政治史。庶民である私には縁遠い政治の世界だが、「空気」という世界が気になっている。日本の社会に巣くう「空気を読め」という気質。同調を強いる社会。いい面と、悪い面。新幹線がこ …

風の声 第25号 静かなる細い声 still small Voice

キリスト教徒なら誰でも知っている言葉・・らしい。Still Small Voice。訳すと、「静かなる細い声」。 試練は、「人生からの問いかけ」である。 偉人とは、自分の役割を深く認識した人。 預言者とは、神の声を預かり …

風の声 第24号 気になった言葉、数字

この一週間で気になった言葉と数字。 ●9月の連休に仙台で開いた嵐のコンサート、その経済効果は、・・96億円! 凄いね。嵐の東日本大震災応援。 ●経管栄養(寝たきりのヒトの体につけるチューブ)は、認知症には効果がない。 ● …

風の声 第23号 漂流老人という単語

NHK特集 「漂流老人」という単語は、・・。 暗い単語。 年金だけでは暮らせない老後の実態。 安定しない仕事をもつ子供が同居することで発生する経済の破綻の話。  

風の声 第22号 怒りはどこから、くるか?

ヒトの寿命は、感情にも左右される。 健康に直結するのは、ヒトに対する「怒り」。 「怒り」という感情は、何処からきて、どうすれば解消できるか? 自分が期待することができていないと、相手に「怒り」が湧き出る。 自分の心が生む …

風の声 第21号 訪日外国人、2000万人

今年の訪日外国人の数が、2000万に届こうかという勢い。 既に、900万人の外国人が訪日し、銀座、新宿にも押し寄せている。 新宿を歩いていると、中国語が頻繁に耳に入る。 伊勢丹新宿本店の地下にも、富裕中国人がいっぱい。 …

風の声 第20号 72時間という番組

NHKの72時間という番組が面白い。週末に放映されるので、たまにしか見られないが、 ディープな世界を72時間撮るのだが、いろんな「ディープの世界」と「市井の人達の人生」が垣間見えて飽きない。二丁目の食堂、企業町の飲み屋街 …

風の声 第19号 日本の風景

北アルプス笠ヶ岳秩父平、シナノキンバエ群落 四国高知県、沖の島 尾瀬燧ケ岳からの、冬の白い越後三山  

風の声 第18号 態度価値という言葉

「態度価値」という言葉を知った。 創造価値、経験価値と一緒に書かれている。 ヴィクトールフランクの言葉として、有名らしい。 フランクルは、「夜と霧」で有名な人。アウシュビッツから奇跡的に帰還して、書いた本。   …

1 2 3 »

2015特訓合格講習会

調理師試験対策特訓合格

2015年調理師試験対策講習会

PAGETOP
Copyright © 有限会社風声舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.